自分を守る

数人で会議

誹謗中傷対策に関する事

ブログや掲示板などで誹謗中傷をされる場合があります。 誹謗中傷をされた場合は、誹謗中傷対策を行うプロバイダに連絡する事が大切です。 ブログや掲示板などで誹謗中傷を行うと、名誉棄損や業務妨害にあたる場合があります。 会社が誹謗中傷を受けた場合、会社のイメージダウンにつながる場合があります。 誹謗中傷を防ぐためには、誹謗中傷対策を行う事が必要です。 ブログや掲示板の削除を依頼する場合は、プロバイダや法務局に伝える事が必要です。 プロバイダや法務局に削除の依頼をしない場合は、誹謗中傷の書き込みが残る場合があり注意が必要です。 被害者は、ブログや掲示板を運営している人に削除を依頼する事が出来ます。 誹謗中傷を受けた場合は、証拠を集め誹謗中傷の書き込みをした人を特定する事も大切です。

プロバイダの取り組みなどについて

プロバイダは誹謗中傷対策のために、発信者の情報を公開する場合があります。 その他には、申請者の確認なども行います。 申請者を確認する方法は、運転免許証のコピーやパスポートのコピーなどによる本人確認を行います。 誹謗中傷がある場合は、プロバイダに連絡する事が大切です。 プロバイダは誹謗中傷対策のために、誹謗中傷がある場所を確認します。 誹謗中傷の判断が困難な場合は、専門家や弁護士に相談を行います。 専門家や弁護士に相談を行う事により誹謗中傷の判断を行う事が可能です。 正当な理由で無い場合は、発信者の情報の開示を行う事が難しい場合があります。 プロバイダは誹謗中傷対策を希望する申請者のために、情報の提供や開示の判断を行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加